以前より自動車の数が増えたことにより人身事故も増加しました

以前より自動車の数が増えたことにより人身事故も増加しました

自動車は現代では生活の足になるほど世界で多くなっています。我が国では以前と比較しますと5倍ほどの増加になっています。そのために交通事故が増加している事です。
自動車が増えましたので自動車同士の事故はありますが人身事故まである現代です。歩道を歩いていても事故に巻き込まれる恐ろしい時代になっています。殆どの事故はアクセルとブレーキの踏み間違いなどの運転ミスが多い事で事故になっています。
以前の自動車のペダルの数は3つありましたがアクセル、クラッチとブレーキです。現代はブレーキとアクセルの2つのペダルですが、それを踏み間違えるために人身事故や物損事故に繋がっています。
以前の事故で多かったのは踏切事故でありました。踏切では発進になりますので力を入れないとエンストになってしまいます。そのために踏み切れを渡りきれないで線路で立ち往生してしまうという事故です。
その時代により事故の様相が変わってきています。現代の事故は自動車と一体化になっていない事でミスが発生し事故に繋がっています。